藪医者とエセカウンセラー【通院】

この話はほとんど裏話になるが私にしたら後の祭りである。
通院が始まったわけだが私は先生と言うだけで信頼しきっていた。
ジェンダークリニックを探してくれると信じ通い続けた。
実質2年以上・・私は何回も通院中きいた。
しかし近くにはないと同じ回答。
まだ認知度も今ほどじゃない、ジェンダーをやってる病院が無いのもうなずけた。
しかしすぐ近くにジェンダーを扱ってるクリニックがあったのだ。
そう先生は探していなかったのだ。

そればかりじゃない、最終的に私をGIDじゃないと発言した。
不審に思ったのはその発言だった、私はGIDについて調べつくしていた。
自己診断だが私はGIDだとガイドラインが言っている。
なに言ってんだ・・この老人は・・
完全に信頼関係が壊れた、
こいつ・・数年も私を診ておきながら勉強すらしてないのかと。
それはまだいい専門分野外なのだから、なら口を出すなと思った。
これも裏話、後から分かった事だが
私は妹によくハグしていたのを母親は良くは思っていなかったらしい。
それと私は一回母親の胸を承諾を得たうえで触ったことがある。
それを先生に話てたらしい。私が戸籍を変更して一回だけそこに訪れたとき納得がいかなかったのだろう。
不思議そうにそれを聞いてきた。
私は呆れて言葉が出なかった、そもそも笑える何で50代の婆ぁの胸を性的な意味で触ったと思ったのか、ハグは性欲と直結してるんですかと。
そして読んでくれてる当事者なら気づいただろう、仮にそれを性的な意味で行動してもガイドライン的になんの意味のない項目なのだ、MTFが女性に興味があるのが不適切ならそれは同性愛が存在してない事になり矛盾するからだ。
そのれを知った私は藪医者に誤診され通院させ続けられていたんだとやっと気づいた。
それ以前に患者を第一に信用するという当たり前のことを怠ってる怠慢病院であることは間違いない。

押してくれたら喜びます↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

にほんブログ村


女性ホルモンなど

エストロゲン→ プレモン 1.25mg

プロゲステロン→ マレフェMTF10mg(MalefeMTF)

抗男性ホルモン→ アンドロクール(Androcur)50mg