藪医者とエセカウンセラー【病棟】

私はついに親に自分の気持ちを知られることになる。
10年以上の話だ、その時はネット環境も乏しくGIDの認知度も低い、そして私の家にPCは無かった。
読み漁った本の知識で近所にあるのは埼玉医大しか判ってなかった。
しかしここは神奈川近いと言っても遠い・・
私は通っていたメンタルクリニックに話した。そこはいい先生で色々探してくれた。
先生の知り合いでメンタルクリニックで性の病気に詳しい人が居るとのことで紹介状を書いてもらい話を聞きいてもらいに向かった。
しかしそこの先生は専門外また紹介状もらい別の病院へ・・それをあと一回繰り返したどり着いたのがワシン坂病院だった。
ここはあえて実名で晒したいと思う、私をGIDじゃないと思い込み治療を進めトランスを遅らせ、間接的に母親を自殺未遂するまで重症化させたのだから許せないどころじゃない恨みを持っている。
そんな風が吹けば桶屋が儲かる的な話はだいぶ後の話になるだろう。

私はそこの閉鎖病棟に入院させられた。
つらいというものじゃない、勿論男子病棟お風呂も一緒に入れられ、出張してきた床屋には整えるだけでいいと言ったのに長い髪をばっさり切られたのだ。
その時はトランスもしていない時なので諦めががついたが、今それをされたら私の弱い心と屈辱で気がくるってるだろう。
大部屋に窮屈にベッドが詰められあたりを見渡せば正気を保って会話できる人のが少ないんじゃないかというくらい何とも言えない雰囲気に包まれていた。
おそらくここに突っ込まれて重症化した患者もいるんじゃないかというくらい環境が悪かった。
これも後々わかる話だが閉鎖病棟古いタイプの閉鎖病棟、ただ世間に迷惑が掛からないように閉じ込めてる感じに思える。

しかし私にも非がある、自傷行為がやめられなかったのだ。
凍死しようとする話の前に私は手首を切って自殺を図っている。
筋を2.3本切る深く切ったが動脈には届かず死ぬことはできなかった。
私はその時にリストカットによる発散方法を覚えて止められなくなっていた。
自分の体に思えない感覚が拍車をかけ躊躇という言葉が無く切っていた。

おとなしくして早く出ようと思い日々を過ごした。
しかし陰では缶ジュースのを飲んだとき缶を回収するのだがプルタブを取り隠し持ち、夜トイレに入り窓枠の鉄格子のネジを外しにかかった、苦戦しつつもネジが外れていくが他の患者が入ってきてあえなく中止。
少し妄想を抱えてそうな患者で助かった、私の行動をみて不思議な話をしてきた。
私は笑顔で相槌を打ち床に戻った。
これは本当に危なかった・・病院関係者かもう少し全うな患者で私の行為がばれてたら間違いなく保護室行き。
簡単に言うと独房だ。

今思えば逃げたところで連れ戻されるから逃げなくて正解だった。
私はそれから見つかるリスクよりおとなしくしていようと一般病棟に移されるまでおとなしくした。

一般病棟はだいぶ環境が良くなっていた。大部屋と言っても2人部屋、申請すれば外出もできた。
苦痛だったのはお風呂、ひとりひとり入る小さいお風呂なのだが入ってるところを横で立って看護師が見ていた。
しかも研修中とかで私と同い年くらいの女の子だった。最悪だった。

そんなこんなで退院もし通院として通うことになったのだ。

押してくれたら喜びます↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

にほんブログ村


女性ホルモンなど

エストロゲン→ プレモン 1.25mg

プロゲステロン→ マレフェMTF10mg(MalefeMTF)

抗男性ホルモン→ アンドロクール(Androcur)50mg