藪医者とエセカウンセラー【2重通院とカウンセリング①】

ついに私は埼玉医大とセカンドとしてあべメンタルに通うことになるがこれは後に話すとする。
しかし私はもともと鬱フラッシュバックで通っていた。
それを埼玉で受けるのはいささかしんどい事。
私は並行してワシン坂病院にも通院を続けた。
今思えば信頼関係が壊れた時点で他を当たれば良かったのだ。

そんなこんなで私はカウンセリングを受けることになった。
カウンセラーは女性でアラフォーといったところか。
この人も私情挟んでくるカウンセラー失格なエセカウンセラーというところか。
全部打ち明けた、虐待、フラッシュバック、自殺未遂、性違和。
最初はいい感じだった。いや・・それがカウンセリングだと思っていたからだ。
のちに他のカウンセリングを2か所で受けて感じたがワシンで受けたカウンセリングと思われるのはただのお喋りだった。

ジェンダーも中盤セカンドオピニオンに入った頃には女性の格好をするようになった。
先生からホルモン療法の条件がそれだった。私はメンタルが弱いから私だけこういう形をとったのかもしれないが兎に角私はトランスを頑張った。
この話も後々話すとしよう。

女性の格好で自然に溶け込めたような感じだった。
色々努力もあったがこれも後に話す。

そんなかんなでワシンの病院にも女性の格好で行くようになった。
母親の暴言で情緒不安定になることも多々あった。

カウンセリングで相談に乗ると言ったらほとんど母親の事だった。
そんな中私の今後の考えを左右する態度をとった。
その時の私は自信を無くし、トランスに不安を抱えていた。
埼玉医大の先生は女子トイレを使って構わないと断言してくれていたので使っていた。
しかしこの時は自信を無くし、かといって今更多目的トイレなど使いたくなかった。
その話をカウンセラーに話したのだ。
カウンセラーは気にしないで使いなさいと自信をつけてくれた。

翌月だろうか次のカウンセリングの時いつもの様に病院に通った。
カウンセリングの前に私はトイレに立ち寄り個室に入ろうとした瞬間誰かが入ってきた。
私が確認した時には後ろ姿で出ていくのを見た。
その後ろ姿はあのカウンセラーだった。入って私を見てすぐに出て行ったように見えた。
私は不安にさえなまれ、カウンセリング時同じことを聞いてみた。
私は女子トイレ使っていいのかと。
その時あからさまに目が泳ぎ困惑しながら、
「・・でも、音とか聞かれたくないし」
あー・・私が気づいて無いと思ってるんだ。それにしてもそれは私情じゃないか?
先生すらあてにできないんだと思った。
それからトランスの相談はする事はなくなった。

相変わらず母親の暴言にこころ折れそれをカウンセラーに相談するという流れは続く中。
そのカウンセラーはまた私情を挟んだ。
一字一句覚えていないのだが、ここはもっと重症な患者がカウンセリングするとこなのに貴女はなぜそんな話をするの?的な感じで逆切れしてたのを覚えてる。
おそらくこれがここで最後のカウンセリングだと思う。

ここで学んだことは例え先生でも心を開いてはいけないという事だけだった。

押してくれたら喜びます↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

にほんブログ村


女性ホルモンなど

エストロゲン→ プレモン 1.25mg

プロゲステロン→ マレフェMTF10mg(MalefeMTF)

抗男性ホルモン→ アンドロクール(Androcur)50mg

藪医者とエセカウンセラー【通院】

この話はほとんど裏話になるが私にしたら後の祭りである。
通院が始まったわけだが私は先生と言うだけで信頼しきっていた。
ジェンダークリニックを探してくれると信じ通い続けた。
実質2年以上・・私は何回も通院中きいた。
しかし近くにはないと同じ回答。
まだ認知度も今ほどじゃない、ジェンダーをやってる病院が無いのもうなずけた。
しかしすぐ近くにジェンダーを扱ってるクリニックがあったのだ。
そう先生は探していなかったのだ。

そればかりじゃない、最終的に私をGIDじゃないと発言した。
不審に思ったのはその発言だった、私はGIDについて調べつくしていた。
自己診断だが私はGIDだとガイドラインが言っている。
なに言ってんだ・・この老人は・・
完全に信頼関係が壊れた、
こいつ・・数年も私を診ておきながら勉強すらしてないのかと。
それはまだいい専門分野外なのだから、なら口を出すなと思った。
これも裏話、後から分かった事だが
私は妹によくハグしていたのを母親は良くは思っていなかったらしい。
それと私は一回母親の胸を承諾を得たうえで触ったことがある。
それを先生に話てたらしい。私が戸籍を変更して一回だけそこに訪れたとき納得がいかなかったのだろう。
不思議そうにそれを聞いてきた。
私は呆れて言葉が出なかった、そもそも笑える何で50代の婆ぁの胸を性的な意味で触ったと思ったのか、ハグは性欲と直結してるんですかと。
そして読んでくれてる当事者なら気づいただろう、仮にそれを性的な意味で行動してもガイドライン的になんの意味のない項目なのだ、MTFが女性に興味があるのが不適切ならそれは同性愛が存在してない事になり矛盾するからだ。
そのれを知った私は藪医者に誤診され通院させ続けられていたんだとやっと気づいた。
それ以前に患者を第一に信用するという当たり前のことを怠ってる怠慢病院であることは間違いない。

押してくれたら喜びます↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

にほんブログ村


女性ホルモンなど

エストロゲン→ プレモン 1.25mg

プロゲステロン→ マレフェMTF10mg(MalefeMTF)

抗男性ホルモン→ アンドロクール(Androcur)50mg

藪医者とエセカウンセラー【病棟】

私はついに親に自分の気持ちを知られることになる。
10年以上の話だ、その時はネット環境も乏しくGIDの認知度も低い、そして私の家にPCは無かった。
読み漁った本の知識で近所にあるのは埼玉医大しか判ってなかった。
しかしここは神奈川近いと言っても遠い・・
私は通っていたメンタルクリニックに話した。そこはいい先生で色々探してくれた。
先生の知り合いでメンタルクリニックで性の病気に詳しい人が居るとのことで紹介状を書いてもらい話を聞きいてもらいに向かった。
しかしそこの先生は専門外また紹介状もらい別の病院へ・・それをあと一回繰り返したどり着いたのがワシン坂病院だった。
ここはあえて実名で晒したいと思う、私をGIDじゃないと思い込み治療を進めトランスを遅らせ、間接的に母親を自殺未遂するまで重症化させたのだから許せないどころじゃない恨みを持っている。
そんな風が吹けば桶屋が儲かる的な話はだいぶ後の話になるだろう。

私はそこの閉鎖病棟に入院させられた。
つらいというものじゃない、勿論男子病棟お風呂も一緒に入れられ、出張してきた床屋には整えるだけでいいと言ったのに長い髪をばっさり切られたのだ。
その時はトランスもしていない時なので諦めががついたが、今それをされたら私の弱い心と屈辱で気がくるってるだろう。
大部屋に窮屈にベッドが詰められあたりを見渡せば正気を保って会話できる人のが少ないんじゃないかというくらい何とも言えない雰囲気に包まれていた。
おそらくここに突っ込まれて重症化した患者もいるんじゃないかというくらい環境が悪かった。
これも後々わかる話だが閉鎖病棟古いタイプの閉鎖病棟、ただ世間に迷惑が掛からないように閉じ込めてる感じに思える。

しかし私にも非がある、自傷行為がやめられなかったのだ。
凍死しようとする話の前に私は手首を切って自殺を図っている。
筋を2.3本切る深く切ったが動脈には届かず死ぬことはできなかった。
私はその時にリストカットによる発散方法を覚えて止められなくなっていた。
自分の体に思えない感覚が拍車をかけ躊躇という言葉が無く切っていた。

おとなしくして早く出ようと思い日々を過ごした。
しかし陰では缶ジュースのを飲んだとき缶を回収するのだがプルタブを取り隠し持ち、夜トイレに入り窓枠の鉄格子のネジを外しにかかった、苦戦しつつもネジが外れていくが他の患者が入ってきてあえなく中止。
少し妄想を抱えてそうな患者で助かった、私の行動をみて不思議な話をしてきた。
私は笑顔で相槌を打ち床に戻った。
これは本当に危なかった・・病院関係者かもう少し全うな患者で私の行為がばれてたら間違いなく保護室行き。
簡単に言うと独房だ。

今思えば逃げたところで連れ戻されるから逃げなくて正解だった。
私はそれから見つかるリスクよりおとなしくしていようと一般病棟に移されるまでおとなしくした。

一般病棟はだいぶ環境が良くなっていた。大部屋と言っても2人部屋、申請すれば外出もできた。
苦痛だったのはお風呂、ひとりひとり入る小さいお風呂なのだが入ってるところを横で立って看護師が見ていた。
しかも研修中とかで私と同い年くらいの女の子だった。最悪だった。

そんなこんなで退院もし通院として通うことになったのだ。

押してくれたら喜びます↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

にほんブログ村


女性ホルモンなど

エストロゲン→ プレモン 1.25mg

プロゲステロン→ マレフェMTF10mg(MalefeMTF)

抗男性ホルモン→ アンドロクール(Androcur)50mg

旅行。お風呂は初恋と

この話は記事は『親友で初恋の男子に告白』の前半の頃だろうか。

18切符を分けて旅行に出かけたのだ。
鈍行を乗り継ぎゆっくり時間が流れる中A君と2人。
A君にしたら男二人旅になるんだろうがそれでよかった、私は少し意識しながらも友達でいることを選んだのだ。

田舎になればなるほど車両の数は減り、無人駅の数は増えた。
たまに無人駅を降り探索するも切符をどうしたらいいのか困惑、防犯カメラに切符を見せ駅を出る。
この感じたまらなく好きだ、田舎の時間の流れがゆっくりで私は合わせやすい。

もう場所もわからないどこかの宿につき、近くの町によりお土産屋さんをA君と回る。
天気があまり良くないのを覚えている。

時間が過ぎ部屋に帰るとテレビをつけ、番組の少なさに驚く。
お風呂の時間になり一緒に行くと、一人で入るような狭い風呂だった。
どうする?と入口で言ってるとA君は一緒に入ろうと言ってきた。
少し戸惑った、しかし動揺してるのも悟られないようにマジかwwと軽く返して一緒に入った。
目のやり場が困った、しかし悟られてはいけない。なるべく前以外見ないように一緒に体を洗い風呂に入った。
少し見てしまったのだが私のとは雰囲気が違っていた。お互い色白なのにそこだけは色が濃く大人らしかった。
今思うと私のは色々いじめてたから弱ってたのかな?・・

何も無く夜も過ごし朝食をとり、お土産を買って帰った。
きっと彼の記憶では消したい黒歴史となってると思うと少し笑える。

押してくれたら喜びます↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

にほんブログ村


女性ホルモンなど

エストロゲン→ プレモン 1.25mg

プロゲステロン→ マレフェMTF10mg(MalefeMTF)

抗男性ホルモン→ アンドロクール(Androcur)50mg

親友で初恋の男子に告白

時系列で言うと記事の【自己手術】の後半くらいの話。

中学時代の友人A君と今でも付き合いがあった。この時の私は少し異性として意識してたレベルだろう。
当然、A君は私の悩みなんて知らない。
毎週の様に遊んでいたのだが一番記憶に残ってるのがエロビデオ屋通いだった。

毎週通っていた訳ではないが結構行ってたと思う。
A君は勿論ビデオを買うために吟味するのだがその真剣さが理解できなかった。
と言っても私も女性には興味があった(身体的な意味で)
なので行くこと自体は苦ではなかった。
何よりタイトルが面白い。買ってもらうための必死さも伝わる。
そしてジャンルも様々見てて飽きない。
と言っても数分で飽きる・・
A君の真剣さは体感的に30分以上続くので、いつも早く買えよと私は急かすのであった。
たまに切れられて私はドン引きする。
やりたい盛りの時期、当然A君は、女性のピクんと動くところが興奮するとか語ってたりしてた。
私も数少ない友達と一緒に見たことはあるがそんな所あったかと判らない。

そんなどうでもいい時間が流れて、私はA君にカミングアウトした。
GID人のエッセイを読ませて私もこの人と同じと、A君は驚いた表情をした。
そしてお前には興味ないからと嘘をつく、この関係が続くのなら友達のままでいい。
中村中さんがこの後に出す友達の詩とかなりリンクしているのだ。
友達は安心した顔して、俺の事好きだったらどうしようと思ったから安心したと。少し寂しかった。
今思い返せば、やかましい奴としか思えないが・・
しかし数ヶ月後もう会わないでくれと言われた。A君はLGBTに理解が無かったのだ。
泣いたわんわん泣いた。

そんな感じで疎遠になり数年。
ホルモン療法、去勢を済ませ声帯手術を終えた後私は彼の家を訪れた。
予想外、おう久しぶり的な態度でここじゃなんだから公園で話そうと言ってくれた。
以外に私をレディーファスト的な感じで扱ってきてびっくりしたのを覚えてる。
お互いに今までの話をした。すごっく盛り上がって楽しかった。
そして私は、答えは判ってるけど私自身すっきりするために言いたいことがある。と保険をかけて告白した。
好きだった、今も好きですって。
当然、断られた。そう言ってくれるのは嬉しいけどごめんね。って数年で彼も大人になっていた。
初恋の話はこれでお終い。A君とはそれ以来会っていない。

押してくれたら喜びます↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

にほんブログ村


女性ホルモンなど

エストロゲン→ プレモン 1.25mg

プロゲステロン→ マレフェMTF10mg(MalefeMTF)

抗男性ホルモン→ アンドロクール(Androcur)50mg