藪医者とエセカウンセラー【2重通院とカウンセリング①】

ついに私は埼玉医大とセカンドとしてあべメンタルに通うことになるがこれは後に話すとする。
しかし私はもともと鬱フラッシュバックで通っていた。
それを埼玉で受けるのはいささかしんどい事。
私は並行してワシン坂病院にも通院を続けた。
今思えば信頼関係が壊れた時点で他を当たれば良かったのだ。

そんなこんなで私はカウンセリングを受けることになった。
カウンセラーは女性でアラフォーといったところか。
この人も私情挟んでくるカウンセラー失格なエセカウンセラーというところか。
全部打ち明けた、虐待、フラッシュバック、自殺未遂、性違和。
最初はいい感じだった。いや・・それがカウンセリングだと思っていたからだ。
のちに他のカウンセリングを2か所で受けて感じたがワシンで受けたカウンセリングと思われるのはただのお喋りだった。

ジェンダーも中盤セカンドオピニオンに入った頃には女性の格好をするようになった。
先生からホルモン療法の条件がそれだった。私はメンタルが弱いから私だけこういう形をとったのかもしれないが兎に角私はトランスを頑張った。
この話も後々話すとしよう。

女性の格好で自然に溶け込めたような感じだった。
色々努力もあったがこれも後に話す。

そんなかんなでワシンの病院にも女性の格好で行くようになった。
母親の暴言で情緒不安定になることも多々あった。

カウンセリングで相談に乗ると言ったらほとんど母親の事だった。
そんな中私の今後の考えを左右する態度をとった。
その時の私は自信を無くし、トランスに不安を抱えていた。
埼玉医大の先生は女子トイレを使って構わないと断言してくれていたので使っていた。
しかしこの時は自信を無くし、かといって今更多目的トイレなど使いたくなかった。
その話をカウンセラーに話したのだ。
カウンセラーは気にしないで使いなさいと自信をつけてくれた。

翌月だろうか次のカウンセリングの時いつもの様に病院に通った。
カウンセリングの前に私はトイレに立ち寄り個室に入ろうとした瞬間誰かが入ってきた。
私が確認した時には後ろ姿で出ていくのを見た。
その後ろ姿はあのカウンセラーだった。入って私を見てすぐに出て行ったように見えた。
私は不安にさえなまれ、カウンセリング時同じことを聞いてみた。
私は女子トイレ使っていいのかと。
その時あからさまに目が泳ぎ困惑しながら、
「・・でも、音とか聞かれたくないし」
あー・・私が気づいて無いと思ってるんだ。それにしてもそれは私情じゃないか?
先生すらあてにできないんだと思った。
それからトランスの相談はする事はなくなった。

相変わらず母親の暴言にこころ折れそれをカウンセラーに相談するという流れは続く中。
そのカウンセラーはまた私情を挟んだ。
一字一句覚えていないのだが、ここはもっと重症な患者がカウンセリングするとこなのに貴女はなぜそんな話をするの?的な感じで逆切れしてたのを覚えてる。
おそらくこれがここで最後のカウンセリングだと思う。

ここで学んだことは例え先生でも心を開いてはいけないという事だけだった。

押してくれたら喜びます↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

にほんブログ村


女性ホルモンなど

エストロゲン→ プレモン 1.25mg

プロゲステロン→ マレフェMTF10mg(MalefeMTF)

抗男性ホルモン→ アンドロクール(Androcur)50mg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)