トラウマ

GIDの原因として考えられてる一つとして、妊娠時 母体の時のストレスにあるという。
仮にそれが原因なら、私に関してだが頷ける事になる。
私の母親はいつもストレスを抱えてる人でした、そして子供に愛情の注ぎ方を知らない人。
言ってしまうと母親は子供のころ親に虐待を受けていた。
統計にもあるように虐待されたことのある親の80%は子に虐待するとあるように、それが当然のように私に牙を向いたのである。
最近よくニュースで取り上げられてるが、子供が死亡してない事例でいうとこんな事で親は捕まるのかと思うのが大半だ。
虐待は虐待を繰り返すというのは間違っていないと思う、当事者の私が子供の接し方が分からないからだ。
嫌いではないが近づかないでほしいと言うのが本音だろうか。

今は母親とも仲がいいが、虐待の件を許してはいるが、トラウマは解決していない。
虐待の事実を思い出してから私は今までフラッシュバックに苦しめられてきた。

人の言ってることが全て建て前でしか受け取れない。
大きな音に声に過剰に反応する。
人の顔色を常に見る。

これが性別違和のカミングアウトが遅れたところでだろう。
それがなぜ比較的早い段階で女性になれたかというと、この後自殺を図るからである。

押してくれたら喜びます↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

にほんブログ村


女性ホルモンなど

エストロゲン→ プレモン 1.25mg

プロゲステロン→ マレフェMTF10mg(MalefeMTF)

抗男性ホルモン→ アンドロクール(Androcur)50mg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)