自己手術

痛みとは脳に送る電気信号で過ぎない。要は幻である。

10代の私はかなり病んでいた。
自分の体が自分の体に思えない感覚が常にあり、平気で傷つけてきた。
特に集中したのが男性部分、私には自分で取ることができると思っていた。
壊死、刃物、薬品。考えられる破壊方法は全て行ったと思う。
痛みなんて脳が作るまやかしでしか過ぎない・・
問題は出血だった。
カムを全くしてない時代大事にはしたくなかった。
結論から言うと失敗で終わる、血管を切るというものがどれだけの事なのか身に染みたからだ。

竿に挟みを入れて右手をゆっくり閉じていく・・
このくらいの痛み今までの苦痛と比べればなんの問題もなかった。
しかし太い血管の隣にある細い血管を切った瞬間血が噴き出した、風呂場のタイルに血がかかったのが分かった。
その瞬間血がどんどん流れ出てくる、床のタイルの隙間に血が沿うように染まる・・
そのとき大事にせずに自己手術は無理だと悟った。

次は睾丸を潰そうとした。一般中学生男子の体重すべてかけても潰れることはなかった。
挟みで袋を切ったけどやっぱり血が邪魔をする・・
安全ピンでで袋ごと睾丸を突き刺す、睾丸の周りを突き破る時痛みがなくなった。
しめたとばかりに中をかき回した、その後反対側へ貫通させる。
大人たちはあそこはデリケートと教え込むが全然デリケートではなかった。
なにをしてもその機能は失われたように思えないからだ。
そして、睾丸を輪ゴムできつく縛っていく、熱い・・お腹の中を燃やされたような熱を感じた。

私は絶望でしかなかった。人の防衛機能が憎かった。
カミングアウトもできない・・
ひとりじゃ何もできない・・

死にたい。

虐待のフラッシュバック、性の同一性の欠損。
10代の私は生き地獄の中日々を送っていた。

押してくれたら喜びます↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

にほんブログ村


女性ホルモンなど

エストロゲン→ プレモン 1.25mg

プロゲステロン→ マレフェMTF10mg(MalefeMTF)

抗男性ホルモン→ アンドロクール(Androcur)50mg

イシュタルの悪戯

イシュタルは出産や豊穣に繋がる、性愛の女神。性愛の根源として崇拝されていた一方、勃起不全など性愛に不具合をもたらす女神としても恐れられていた。

性同一性障害とも関係付けられ、その祭司には実際に性同一性障害者が連なっていた可能性も指摘されている。

また、娼婦の守護者でもあり、その神殿では神聖娼婦が勤めを果たしていた。

押してくれたら喜びます↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

にほんブログ村


女性ホルモンなど

エストロゲン→ プレモン 1.25mg

プロゲステロン→ マレフェMTF10mg(MalefeMTF)

抗男性ホルモン→ アンドロクール(Androcur)50mg